HOME>製品紹介トップ>分離型センサーセル

分離型センサーセル

分離型センサーセルは、センサーセルの容器部分とセンサー部である水晶板を分離することができるタイプのセンサーです。AFFINIX Q4QNμQN Proで使用可能です。水晶板を取り出せることにより、様々な用途が広がります。

構成:台座+水晶板+カップ

カップはフッ素樹脂加工により耐薬品性に優れている。

分離型センサーセル用水晶板

分離型センサーセル用水晶板
Fと読める側が表


分離型センサーセル

用途例

  1. 有機溶媒、強酸、強アルカリに溶解しているサンプルの固定化
  2. 高温で焼成させる固定化
  3. QCM測定後の表面観察

水晶板ホルダーについて

薄い水晶の扱いは非常に困難です。水晶板の洗浄や、固定化作業を行う時に便利な冶具です。

洗浄方法

洗浄方法 1

ホルダーのフタをずらし、
水晶を並べます。

洗浄方法 2

フタを戻す。
この状態でピランハ洗浄や
綿棒でのこすり洗いが可能です。

洗浄方法 3

ホルダーを手に持ち、洗ビンで
水晶を洗浄します。


固定化方法

固定化方法

フタをはずし、裏返した後、10〜100μLの固定化溶液をのせ、固定化作業を行う。
固定化後洗浄が必要な場合は上の洗浄作業を行う。



このページの先頭へ