HOME>サポートトップ>FAQ

FAQ

AFFINIXシリーズでよく寄せられるご質問ををQ&A形式でご紹介。

ハードウェア関連

QCM装置で何がわかりますか?
結合の有無、結合の定量、結合の強さ、結合の速度などを算出することができます。生体分子間相互作用や粒子付着測定、物質の洗浄作用などを無標識かつリアルタイムに測定できます。最新型では、表面固定化分子の粘性・粘弾性や流体の粘性等の物性変化までモニタリングできるようになりました。
測定対象物はどのようなものですか?
制限内の重さを有するものであれば、分子、ポリマー、微粒子などを問わずに測定ができます。センサー上の総重量として100pg〜10μg程度が測定範囲です。
実験構築上、固定化できるかどうかが最も重要ですが、ほとんどの分子を様々な方法論にて固定化することが可能です。カーボンナノチューブやラテックスビーズや金コロイド等も固定化できます。お手持ちのサンプルが固定化できるかどうか、まずはご相談ください。
他社SPR装置と比べた時の利点は何ですか?
操作の簡便性とメンテナンスのしやすさが大きいです。また、キュベット(バッチ)式ですので、多くのSPR装置で用いられている流路系ではうまく測れない測定系(例えば、酵素反応においての最適イオン濃度の算出等)を組むことができます。周波数変化から重量に換算できる点も有用です。
他社QCM装置と比べた時の利点は何ですか?
感度です。27MHzの高周波で発振させていますので、5MHzや9MHzのシステムと比較するとそれぞれ30倍、10倍の高感度を実現しています。生体分子やナノマテリアルの測定には必須の感度です。
検出感度はどのくらいですか?
濃度感度が抗原抗体反応で10ng/ml程度です(BSAと抗BSA抗体の反応の場合)。また、分子量121のシステインの金電極への吸着は十分確認できます。抗原抗体反応系において、抗体のAffinityが高ければ感度はさらに増大します。実績としては、1ng/mlまで検出した事例があります。
センサーの安定化時間はどのくらいですか?
温度、固定化物、液性の影響を受けますが、たいていの生体分子であれば15分程度です。固定化分子によっては、水和に時間がかかる場合あるいは固定化物質が徐々に剥離する場合は時間がかかります。この場合、固定化方法を工夫することで対処できます。
使用したサンプルは回収できますか?
できます。キュベット内の反応ですから、簡単に回収できます。

アプリケーション関連

センサーへの固定化はどのように行うのですか?
金表面への物理吸着の他、アミンカップリングでの共有結合、アビジン・ビオチン結合、アルカンチオールによる疎水膜、有機溶媒によるキャスト膜の作製等を利用して行います。それぞれの物質でのプロトコールをご用意していますので、詳細はお問い合わせください。
固定化量を知ることができますか?
できます。溶液中での固定化量を直接モニタリングするか、乾燥重量を測定する方法があります。
センサーのラインアップにはどのようなものがあるのですか?
Au電極の標準センサーの他、SiO2、Ti, SUSのセンサーを随時準備しております。その他の金属・金属酸化膜表面については、対応可能な範囲で受託製作させていただいてます。その他、材料をいただければ、ポリマーコーティングやタンパク質の固定化処理も受託製造いたしますのでご用命ください。
また、AFFINIX QN μ, Q4及びQN Proのセンサーセルについては、測定後の表面分析等に便利な水晶分離型センサーセルが便利です。
消耗品のセンサー部分は再利用できますか?
可能です。使い捨てのご使用を推奨していますが、2つの再利用方法があります。一つ目は結合サンプルだけを解離させ、固定化したサンプルを残したまま再利用する方法です。塩強度やpHの変化による解離反応を利用します。二つ目は固定化したサンプルをすべて分解する方法です。界面活性剤を用いての再利用については、上手に操作すれば、2〜30回くらいは再利用できます。ただし、繰り返しの再利用により金表面は徐々に劣化していきます。
解離定数(Kd)や結合速度定数(Kon,Koff)はどのように算出するのですか?
何点か反応濃度を変えた測定を行い、解析専用ソフトAQUA(※オプション製品)にて簡単に算出できます。
非特異的な反応は起こりますか?
固定化手法、固定化物質や固定化量に依存しますが、非特異反応は必ず起こっていると考え、実験プロトコールを設計してください。コントロール実験間で差分を取る方法とブロッキング剤を用いる方法があります。
また、固定化キットを用いると、非特異的な反応の抑制に非常に有効です。
有機溶媒の混在系で測定ができますか?
生化学的研究に使用される濃度の有機溶媒は使用できます。ただし、弊社装置はすべて防爆対応しておりませんので、ご注意下さい。溶液の種類によっては、100%濃度でも実験可能ですが、全く使用できない溶媒もありますので、具体的にお問い合わせください。
実験にかかる消耗品はどのようなものがありますか?
弊社販売品としては、セラミックセンサーチップ、センサーセル、水晶分離型センサーセル、ガラスセル、攪拌子、ブロッキング剤、固定化キット等を準備しております。

このページの先頭へ