HOME>サポートトップ>研究会情報・掲載誌

研究会情報・掲載誌

QCM研究会

主な執筆等

高機能水晶振動子マイクロバランス(QCM)
<分子間相互作用から物性評価まで AFFINIX QN Pro
計測技術(Vol.38, No.10, 2010)
新製品紹介「AFFINIX QN & QNμ
アルバックテクニカルジャーナル (No.72, 2010)
大学発ベンチャーから第2ステージの展開
ファルマシア(日本薬学会別冊) (Vol.45, 4, 2009)
最近の水晶振動子製品(27MHz QCMによる生体分子間相互作用定量)
超音波テクノ(Vol.20, 1, 2008)
分子間相互作用定量QCM装置による材料への付着評価
ポリファイル(Vol.44, 524, 2007)
新製品紹介「AFFINIX Q4
アルバックテクニカルジャーナル(No.63, 2005)
分子認識や反応追跡を重さで測る
日経バイオビジネス(10月号、2003)
食品産業のための最新検出技術の開発と応用
高機能バイオセンサー(2003年)
生体分子間相互作用QCM装置:AffinixQ
機器による分析化学講習会(第50回日本分析化学会)
蛋白質-多糖間相互作用解析への挑戦
実験医学別冊(2002年8月号)
細胞を取り巻く環境変化と分子間相互作用
実験医学別冊(2002年9月号)
プリオンタンパクの自己凝集
実験医学別冊(2002年10月)
生体分子間相互作用を重さで測る
実験医学別冊(2002年11月号)
水晶発振技術で分子間相互作用に臨む
日経バイオビジネス(10月号、2002年)
水晶発振子マイクロバランス法
化学フロンティア(2002年)
水晶発振子の組織工学への応用
組織培養工学(Vol.27, 11, 2001)
水晶発振子バイオセンサによる水溶液中の生体物質の測定
超音波テクノ(Vol.13, 5, 2001)
ベンチャー最前線
エコノミスト(2月8日号、2000年)

このページの先頭へ