HOME>ユーザーの声

ユーザーの声

イニシアム製品をお使いのユーザー様の生の声をご紹介いたします。

高草木 洋一 先生
  • 高草木 洋一 先生
  • 東京理科大学 (現 NIH 国立癌研究所)
  •  
  • ご使用装置 AFFINIX Q

先生のご研究を教えてください。

抗がん剤をはじめとする、さまざまな低分子化合物とタンパク質との相互作用を検出する研究です。低分子化合物が生体内に投与されると、主作用および副作用をはじめ、吸収、分布、代謝、排泄 (ADME)などに関わるさまざまなタンパク質と相互作用してその生物活性を示します。個々の化合物につきその相互作用相手となるタンパク質を特定し、生体内での挙動を網羅的に明らかにしてゆくことを目標としています。

AFFINIXシリーズを使ってどのような測定を行っているのでしょうか?

T7ファージディスプレイ(PD)法を用いて、低分子化合物に相互作用するペプチドやタンパク質をスクリーニングする際の基盤として利用しています。化合物とファージが結合する際のレスポンスは非常に小さく、高い検出感度をもつ QCMによる相互作用の即時追跡が大変効果的です。また、AFFINIXの導入により、T7PD法における多くの技術上の問題点が克服され、精度向上にもつながっています。

先生からみたAFFINIXシリーズの特長などを教えていただけますか?

構造がシンプルであり、メンテナンスも簡便であることから、学生や初心者にとっても非常に扱いやすい装置です。また、キュベットタイプの構造が、PD法をはじめとしたディスプレイクローニング技術の基盤としても最適です。それ以外にも、他の実験技術と組み合わせることでそれらの性能を向上させたり、相互作用測定ツールとして幅広い分野の研究に対応するなど、アイデア次第でその可能性は無限に拡がると思います。

【引用文献】

1) Use of phage display technology for the determination of the targets for small-molecule therapeutics
Expert Opinion on Drug Discovery, 5, 4, 361-389, 2010
2) Identification of trimannoside-recognizing peptide sequences from a T7 phage display screen using a QCM device
Bioorganic & Medicinal Chemistry, 17, 1, 195-202, 2009
3) Identification of small molecule binding molecules by affinity purufication using a specific ligand immobilized on PEGA resin
Bioconjugate Chemistry, 19, 12, 2417-2426, 2008
4) Efficient one-cycle affinity selection of binding proteins or peptides specific for a small-molecule using a T7 phage display pool
Bioorganic & Medicinal Chemistry, 16, 22, 9837-9846, 2008
5) Identification of a methotrexate-binding peptide from a T7 phage display screen using a QCM device
Bioorganic & Medicinal Chemistry, 16, 7410–7414, 2008
6) Identification of C10 biotinylated camptothecin (CPT-10-B) binding peptides using T7 phage display screen on a QCM device
Bioorganic & Medicinal Chemistry, 15, 24, 7590-7598, 2007
7) Camptothecin binds to a synthetic peptide identified by a T7 phage display screen
Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters, 15, 4853, 2005
星野 友 助教

星野先生のご研究を教えてください。

合成高分子と生体高分子の相互作用メカニズムを解析しています。具体的には、粘弾性の異なる合成高分子を合成し、タンパク質の合成高分子への結合・解離速度がどの様に粘弾性の影響を受けるかを調べています。

AFFINIXシリーズを使ってどのような測定を行っているのでしょうか?

AFFINIX QN Proを用いて合成した高分子ナノ粒子の粘弾性を解析しています。また、高分子ナノ粒子に対するタンパク質の結合・解離速度定数をAFFINIX Q4を用いて解析しています。

星野 友 助教

先生からみたAFFINIXシリーズの特長などを教えていただけますか?

AFFINIX QN Proは、ナノサイズの高分子材料の粘弾性を簡単に調べることが出来るので非常に重宝しています。また、AFFINIX Q4を使えば、一度に4つの実験を同時に行うことが出来るため、コントロール実験と再現性確認の実験を一日で行うことが出来るので研究効率が飛躍的にあがっています。

【引用文献】

1) Synthetic Polymer Nanoparticles that Capture and Neutralize a Toxic Peptide
ACS Nano, 4, 1, 199-204, 2010
2) Affinity Purification of Multifunctional Polymer Nanoparticles
J. Am. Chem. Soc., 132, 39, 13648–13650, 2010
3) Design of Synthetic Polymer Nanoparticles that Capture and Neutralize a Toxic Peptide
Small 5, 13, 1562-1568, 2009
4) Design of Synthetic Polymer : A Plastic Antibody
J. Am. Chem. Soc., 130, 46, 15242–15243, 2008
三浦 佳子 教授

三浦先生のご研究を教えてください。

糖鎖や高分子を用いたガラスや金属表面の改質方法の開発を行っています。

AFFINIXシリーズを使ってどのような測定を行っているのでしょうか?

ガラスや金属で被覆されたAFFINIX Q4用のQCMセンサーの表面を糖鎖や合成高分子で修飾しています。この際、高分子の修飾量をAFFINIX Q4で定量しています。さらに、AFFINIX Q4を用いて高分子で修飾した表面に対するレクチンの相互作用を定量しています。

先生からみたAFFINIXシリーズの特長などを教えていただけますか?

AFFINIX Qシリーズからは、ガラスやチタン、アルミニウムで修飾したセンサーセルが発売されているので無機材料の表面改質研究を行うときには非常に便利に利用させていただいています。また、基材表面に付着した分子質量の絶対値がわかるので非常に便利です。AFFINIX Q4は、同時に4つのサンプルの測定を行えるのも大きな魅力です。

小野田 晃 助教
  • 小野田 晃 助教
  • 大阪大学大学院 工学研究科 応用化学専攻
  •  
  • ご使用装置 AFFINIX QN μ

先生のご研究を教えてください。

バイオマテリアルやバイオデバイスの材料となるタンパク質あるいはタンパク質-核酸から構成される人工的なナノ集合体について研究をしています。

AFFINIXシリーズを使ってどのような測定を行っているのでしょうか?

金電極状にチオール基で固定したタンパク質あるいはタンパク質-核酸の人工集合体の集積化を定量的に評価する際に使用しています。

先生からみたAFFINIXシリーズの特長などを教えていただけますか?

非常に簡便に測定できる点と思います。AFFINIXを購入するまで、我々のグループではQCMを使用した経験がありませんでしたが、最初の条件の探索さえクリアすれば、非常に良いデータが得られるようになりました。

【引用文献】

1) DNA-Binding Hemoproteins Tethering Polyamine Interface
Bulletin of the Chemical Society of Japan, 83, 4, 375-377, 2010
rofessor Kenneth J. Shea Dr. Yusuke Yonamine

Could you please describe the overview of your research ?

Our research is involved with developing methods for producing robust synthetic polymer nano particles with antibody-like affinity and selectivity for targeted peptides and proteins.
We recently demonstrated that a synthetic polymer nanoparticle can function in vitro and in vivo to neutralize the deadly function of a toxic peptide. We are pursuing applications of these “plastic antibodies” in diagnostics, protein purification and as antibody replacements for therapeutic applications.

What kind of experiments are you doing by using AFFINIX Q4 ?

We use the AFFINIX Q4 for screening the affinity of our plastic antibody nanoparticles against target biomolecules. We also analyze the kinetics of binding with the AFFINIX Q4. These studies have resulted in the successful development of “plastic antibodies” against the toxic peptide melittin (major component of bee venom), mouse IgG, and an allergenic protein of Japanese cedar pollen allergy.

Could you please tell us features and benefits about AFFINIX system ?

Sensitivity, the AFFINIX Q4 operates at “therapeutic” concentrations. Other methods such as Isothermal Titration Calorimeter (ITC), require concentrated samples that consume large quantities of protein. In contrast, the AFFINIX Q4 needs only modest amounts of sample. The AFFINIX Q4 can run 4 measurements simultaneously for rapid and efficient sample screening.

【引用文献】

1) Synthetic Polymer Nanoparticles that Capture and Neutralize a Toxic Peptide
ACS Nano, 4, 1, 199-204, 2010
2) Affinity Purification of Multifunctional Polymer Nanoparticles
J. Am. Chem. Soc., 132, 39, 13648–13650, 2010
3) Design of Synthetic Polymer Nanoparticles that Capture and Neutralize a
Toxic Peptide
Small 5, 13, 1562-1568, 2009
4) Design of Synthetic Polymer : A Plastic Antibody
J. Am. Chem. Soc., 130, 46, 15242–15243, 2008
セレクションガイド どの装置を購入したらよいか迷ったら
  • ユーザーの声
  • QCM小話 TとKの会話

このページの先頭へ